FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キック

ボクの場合、クロールのキックしか語れませんが(^^;


キックは、みなさんどのように打ちますか?

足がすべて水中でやるのが良いか?

水上に出そうになるが出ないのが良いか?

水上にしっかり出て水面から蹴るのが良いか?

どれだと思います。


以下は、すべて我流の持論ですが、自分なりに効果が

出ているものです。

どなたでも有効かは、足首の柔軟性・筋力の強弱などの違いもあり、

何とも言えませんが、多少参考にはなる部分はあると思います。


大昔にキックについて野口さんに質問したことがあります。

当時、キックは水中でやれ!と言われることが多かったのですが、

「キックは水上から蹴りおろすのが良い」と言われました。

何故か、水上だと足の動作が速くなるので、その勢いでキックを

した方が蹴るスピードも上がるからとのことでした。


船のスクリューでは、こうは行きません。

スクリューは、半分水から出たら役に立ちません。

まったく進まなくなってしまいます。

物理的には似たような状態なのに、なぜこのような違いが出るかと

言うと、シロート考えですが、人間の瞬発力や持久力の限界が

低いということだと思っています。

もし、スーパーマンが同じようにキックしたら、スクリューのように

なるかもしれません(笑)


ということで、ボクは板キックでスピードを出したい時には

かなり水上に足先を出します。


ところが、このキックがスイムに生きるかというとコレが

なかなか難しい(^^;

板キックの姿勢自体がスイムの姿勢と変わってることが原因だと

ボクは考えています。

板なしキックだとスイムの姿勢との差は小さくなりますが、

それでもまったく同じかというとそうでもない。

スイムと同じ姿勢で出来る方は、非常にお得だと思います。

それでキックもスイムも両方速いのでしたら、その姿勢は正解だと

思います。


足先を出したキックの姿勢は、かなり反った形になります。

その姿勢のまま頭を水中に入れ、しかも高速水着時代に

主流だった頭を落とした姿勢を作ると足先は大きく外に出て

しまいます。

これだとさすがにキックが出来ません。

それをムリヤリ水中に入れようとしてもキックの練習時に

やってない姿勢になるのでキックに力が入りません。

せっかくキック練習をしてもスイムに生かせないことに

なってしまいます。


では、どうすればよいのか?

ボクは水中キックをお勧めします。


水中キックは上にも下にも水がかかるので、非常に重くキツイです。

キック練習でスピードを出したい時にはやらない方が良いです。

そうでなければ、この方法は、脚筋力の強化にはなります。

また、このキックでスピードを出せるようになると本当にキックの

強い選手になれます。

ただ、水中キックだけやってるとトルクはあるけどスピードは

出ない神経系が出来てしまいますので、時々ハード・イージーの

メニューなどで水上・水中ミックスのキックで速い動作を脚に

覚えさせる必要はあります。


本題のこのキックを使ったスイムなのですが、板キックの状態から

板を取って頭を水に入れスイムの状態になると、キックが速い都合の

良い位置に来ます(^^)

板キックが速いスイマーになりたいか?

スイムの速いスイマーになりたいか?

このへんは、本人次第ですが(笑)


ここ数年、キックが速い方が良かろうと水上に出るパターンで練習

してきました。

フォームは、頭を落とした高速水着用です。

ラストのオールアウトでは、だいたいいつもキックは空回りして

いました。

最近、昔、フリッパーで西野先生に散々叩き込まれた水中キックを

思い出し、自主練習でやるようになり、さらに、ヘッドアップ気味の

フォームに戻すようになって、キックは完全に効くようになって

きました。


ダマサレタ~と思って、やってみると

何かオモシロイ発見があるかもしれませんよ(^^)



★クリックで救える命がある

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

K太

Author:K太
東京SC所属の
マスターズスイマーです。
今年、ベスト出します!(^^)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。