FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改造中の泳ぎ

泳法

スイマガの野口さんの泳法分析を読んで、現在、下段の泳ぎ方に
変えようとしています。
もちろん、下記の例はボクの場合ですべての方にあてはまるわけでは
ありません。
ローリングの様子などもちゃんと表現できてはいませんし。

何回か書いて来ましたが、上段は抵抗は小さく推力も小さい。
下段は抵抗は大きく推力も大きい。
抵抗と推力のバランスで推力が大きくなる比率が高ければ、
スピードは上がるはずです。
高速水着の時代は、上段の泳ぎでギリギリまで抵抗を減らすことが
試みられたわけです。
高速水着を着て下段の泳ぎをしていたらどうだったかという興味も
ありますが(笑)

理想は、抵抗は小さく推力が大きいです。
人それぞれ柔軟性や各部の筋力などの差がありますから単純には
行きません。

以前、櫻井コーチに泳ぎを見てもらうのに隣を泳いでもらったことが
あります。
同じスピードで泳いでくれたので、コチラもコーチの泳ぎを見ながら
マネをしようとしてみました。
まったくできませんでした(^^;
コーチは、非常に高い位置でキャッチしてそのまま肘から先を
落として来ます。
肘が高い位置のままなのです。
ボクにはそんな芸当はできません。。。
肩の柔軟性がまったく違うんですね。
コーチの泳ぎ方だと、抵抗が小さく推力が大きくなります。
これは、かなうわけがありません(笑)
もちろん、筋トレでパワーをつけるのと同じように、柔軟性を上げて
そのフォームに取り組むという手はあります。
まぁ、それがとてもタイヘンなことだというのもおわかりですよね。

また、ジュンコの隣を泳ぎながら同じように見ていたことがあります。
ジュンコはプルが非常に強く本気でやっても負けると思います(^^;
彼女のフォームは、よく壊れますが(笑)、基本敵に上段の泳ぎを
目指しています。
でも、櫻井コーチのように柔軟性があるわけではありません。
どこを使ってるんだ?と聞くと広背筋だと言います。
はて、上段の泳ぎで広背筋を使うのはどうするんだろと観察してると
ハイエルボーのキャッチはせずに、早い段階で肘を落としてそこから
すべてをフィニッシュにしてるのです。
この動きだとたしかに広背筋を使うことができます。
いわゆる理想的な泳ぎではありませんが、速ければ
いいわけです(^^)

ボクの場合は、肩の柔軟性・広背筋の力・キックの力を考えて、
今の状態だと下段の泳ぎがあっていそうです。
プルよりもキックが強いので、上段だとどうしてもカラ蹴りが多く
なってしまうのも大きな問題でしたので。
今後の課題は、以前の載せたツイッタでの野口さんの解説のように
頭を上げる位置は、どこが適正かを探ることです。
これは、レースの距離によっても変わって来るはずですので、
いろいろ試行錯誤してみようと思います。


ちょっと書き漏れてたので追加ですが、下段の泳ぎは早い段階で
キャッチ(力の入る)ができるので上段に比べて長いストロークが
できるようです。
なんか1ストロークで進む距離が変わって来たので、???と思って
いたのですが、昨日気がつきました(笑)


★クリックで救える命がある

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

K太

Author:K太
東京SC所属の
マスターズスイマーです。
今年、ベスト出します!(^^)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。